ラモス監督初屈辱、東京V5連敗・野球・サッカー・ゴルフ・格闘技など、スポーツ関連のニュースを紹介します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラモス監督初屈辱、東京V5連敗


<J2:徳島3-0東京V>◇第11節◇25日◇味スタ
 東京Vが徳島に0-3で敗れ、06年にラモス瑠偉監督(50)が就任して以来初めて5連敗を喫した。ミスで前半11、22分に2失点、後半42分にもダメ押しの3点目を決められた。攻撃も引いて守る相手に無得点に終わった。惨敗にも試合後、萩原敏雄社長(70)は、監督の続投を明言した。また2位の仙台は山形に3-3で引き分け。水戸に2-0で勝った湘南は順位を4位に上げた。C大阪は福岡と2-2で引き分けた。
 見るも無惨な大敗だ。試合後、ラモス監督は「ビックリするぐらい、何もできなかった」とお手上げ状態。サイド攻撃を指示したが、選手は中央突破にこだわり、その上パスミスを連発。カウンターを食らい失点を重ねた。去就問題に発展しかねないラモス体制後、初の5連敗。だが萩原社長は「辞めると言っても絶対に辞めさせない。自分で立て直してほしい」と続投を明言。指揮官は「やり方を変える。このままじゃ終わらない」と切り替えた。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070426-00000008-nks-socc
かつての名選手とかつての名門チーム・・・。
どうにか過去の輝きを取り戻してもらいたいです。

頑張れとしか言いようがない…。
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ大好き All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。