星野ジャパンでも「守護神・上原」!・野球・サッカー・ゴルフ・格闘技など、スポーツ関連のニュースを紹介します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星野ジャパンでも「守護神・上原」!


08年北京五輪出場を目指す星野ジャパンが巨人の上原浩治投手(32)をストッパーとして検討していることが27日、分かった。28日ヤクルト戦(神宮)から復帰する上原はプロ9年目で初めてストッパーとして起用されるが、日本代表・星野仙一監督(60)も今年11月末に行われるアジア予選(台湾)突破に向け「守護神・上原」に熱視線を送る。

 上原のストッパーデビュー戦に、日本代表関係者は「抑えとしての適性を見極めたい。その内容次第では日本代表でも抑えの候補に挙がってくる」と明かした。実は上原ストッパー案は前回04年アテネ五輪の長嶋ジャパンでも検討されていた。抜群の制球力に加え、三振の取れるフォークを持つだけに抑えの資質を十分兼ね備えているからだ。しかし、当時は先発として松坂(レッドソックス)に並ぶ大黒柱でもあっただけに、仰天プランは消滅した。

 ただ今回は事情が違う。上原は古傷の両太腿を痛めてプロ入り初めて開幕2軍スタート。先発としてはスタミナ面に不安を抱えている。それでも大体大時代から昨年のWBCまで国際大会は無敗の12連勝中と絶対的な強さを誇っており、日本代表に欠かせない。

 星野監督も「抑えの条件は制球力と落ちるボール。上原は1イニングなら完ぺきに抑えられる」と関係者に話すなど、その適正に注目している。すでに阪神・藤川、中日・岩瀬が抑え候補に挙がっているが、上原がストッパーに入れば、セットアッパーとして抜群の実績を残している藤川は2イニングを任せることができ、左腕の岩瀬は勝負どころのワンポイントとしても使える。ホスト国の中国がすでに本選切符を手にしているため、台湾予選で与えられるアジアの代表枠は1。負けられない戦いで、巨人のエースも「日の丸守護神」候補に加わる。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070428-00000000-spn-spo
そっかー。
星野ジャパンでも抑えなんだー。
ストッパー上原、まだ何となくしっくりこないけど。
とりあえず、ペナントレースでの抑えを見守りましょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。