巨人319日ぶり単独首位・野球・サッカー・ゴルフ・格闘技など、スポーツ関連のニュースを紹介します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨人319日ぶり単独首位


巨人が昨年6月7日以来、319日ぶりの単独首位に浮上した。22日の阪神6回戦(甲子園)で今季最多の17安打で10-3と大勝。1番高橋由が先制の2点適時打を含む3安打で通算100回目の猛打賞をマーク。2番谷も100号ダメ押し2ランと、ニュー原巨人の象徴である新1、2番コンビで6安打5打点を挙げた。サンデー高橋尚は連続無失点記録こそ途切れたが、開幕4連勝でハーラー単独トップ。今季の巨人、この勢いはホンモノです。
 巨人を319日ぶりの首位へ導く一打に、高橋由が二塁ベース上で胸を張った。2回表、無死満塁の絶好機が本塁併殺であっという間に2アウト。この勝敗の分かれ目となる場面が、高橋由の集中力を極限まで高めた。左翼手の頭を越える2点タイムリー二塁打。「どうしても先制したい場面。何とかしたかった」。今季の新オーダーの目玉として高橋由に1番を起用した原監督も「あのタイムリーには価値があった」と絶賛した。

続きはコチラ↓
引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070423-00000043-nks-base

巨人、とうとう首位ですかー。
319日…。長かったですねー。
でも、首位にたつことがニュースになるなんて…。
やっぱ弱くなったってことかなぁ。
頑張れよ。原監督。
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ大好き All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。