マー君 完投でプロ初勝利・野球・サッカー・ゴルフ・格闘技など、スポーツ関連のニュースを紹介します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マー君 完投でプロ初勝利


引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070418-00000108-mai-spo

○楽天6―2ソフトバンク●
 楽天が逆転で2連勝。新人・田中が2けた三振を奪い、完投で初勝利を挙げた。1点を追う六回、フェルナンデスとリックの連続二塁打で3点を挙げて逆転、その後も追加点を挙げた。ソフトバンクの杉内は六回2死まで楽天打線を無安打に抑えたものの、突然崩れた。
 ▽楽天・野村監督 (田中は)ソフトバンク相手(の完投勝利)で、相手に不足はないだろう。今日はけちをつけることは何もない。
 ▽ソフトバンク・王監督 (田中は)前回よりよく緩急がついていた。
 ▽楽天・田中 最高です。自分としては完投までは考えていなかった。(「ウイニングボールをどうするか」と聞かれ)両親に贈ります。
 ◇田中が登板すると鮮やかな逆転劇…楽天
 1本の安打で試合の流れがガラリと変わった。六回2死無走者から楽天・塩川が放った右中間二塁打だ。
 それまで楽天は、ソフトバンク・杉内の力投の前に無安打だったが、この安打をきっかけにチームに勢いが生まれた。続く礒部が四球を選んで2死一、二塁とし、次打者フェルナンデスの右中間二塁打で逆転成功。リックも右中間二塁打を放ちこの回3得点。一回に1失点したものの、粘りの投球を続けていたルーキー田中(駒大苫小牧高出身)に、この時点で勝利投手の権利が転がり込んだ。
 「ブルペンでの調子も良かった」(ソフトバンク・高山投手コーチ)の言葉通り、ソフトバンク・杉内の中盤までの投球は素晴らしかった。直球も変化球もキレがいいため、楽天打線は狙い球を絞りきれない。過去の対戦成績9勝1敗がだてでないところを見せつけていた。だが六回2死から安打を許したことが精神的動揺を呼んだのか。崩れてしまった。
-------------------------------------------------------
見てましたよー。
感動したー。
杉内がノーヒットピッチングしてたので、
どうかなぁと不安でしたが、
そんな心配する必要なかったです。

ホントにかっちょよかった☆☆
次も頑張ってください。

スポンサーサイト
Copyright © スポーツ大好き All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。